天使な小悪魔たち

天使な小悪魔たち~一男、一女の育児絵日記~  やる気のないインドア派の主婦フクミーと、2011年生まれの息子アッキー、2013年生まれの娘シュリとのなんじゃそらの日々を描いたハートフルコメディな育児絵日記です。

Tag映画

エンディングに近づく一番…一番盛り上がっているところで…君は…当時確か三歳だったから、映画館で放映終了間近でお客さんもほぼいないであろう朝一のを観に行った思い出が…確かそれまで「凄い静かに見てくれてる…いいじゃない!いいじゃない娘よっ」なんて思ってて最後

「あのお兄さんがサトシの代わりなんだよ」と伝えたら…ポケモンにサトシがいないという違和感が隠しきれない子ども達であった。名探偵ピカチュウ、世界観は子ども向けだけど内容は大人向けだったように感じますが迫力あるポケモンを見れた子ども達はとても楽しめたようです

子どもとクレヨンしんちゃんの映画を観に行ってた私ですが(クレシン、新婚旅行ハリケーン 失われたひろしを見て娘は… )上映中どうしても許せない事がありました。しかも、男の席まで距離もある…(本当は6席位離れてた)近くのお客さん達は誰も注意しない…いや、できないの

(ストーリー説明 映画公式チラシ原文ママ)タイジ役の太賀さんが本当の歌川さんに見えるほど役作りをしてきて震えました。ちょいちょい、「あ、これ歌さんだ…!」と思いながら見ていました。それは本当に、嘘も何もないであろう歌川さんの芯にある気持ちが熱をおび溢れ出す

ポケモンの映画を観に行ってきました。何この会話?っと、若干プチパニックに陥った母であった。泣いちゃうといえば、帰りに娘が断言できる…!お前さんは泣いてない!ポケモン映画ですが面白かったです。ポケモンをこんなにちゃんと見たのは初めてですが思っていたよりずっ

下記記事の続きになります↓フクミー@fukumiomohttps://t.co/sOa4mdaj9u プール開きと揺らぐ父の気持ち #絵日記 #プール #灼熱地獄 https://t.co/y3CAlxAh0J2017/07/21 11:20:48この後、夫は日焼けで真っ赤になって帰ってきました。因みに息子は日焼け止めとラッシュ

↑このページのトップへ