天使な小悪魔たち

天使な小悪魔たち~一男、一女の育児絵日記~  やる気のないインドア派の主婦フクミーと、2011年生まれの息子アッキー、2013年生まれの娘シュリとのなんじゃそらの日々を描いたハートフルコメディな育児絵日記です。

Category息子

そして、稽古に励みいつの日かこんな事が…絡まれている女の子を助けるアッキーの姿がそこに…!心身共に逞しく成長したアッキーの姿が…成長した時、それはそれは素敵な女性になっているのではないのでしょうか。絶対バレエ習わせたい!!って思ってたんだけど…バレエって

アッキーの幼稚園は送り迎えをする幼稚園であり、バスはありません。なので、片道15分の距離を毎日行き来します。そして、園に通うとなると必然的に他のママさんと関わりを持つようになりますね。満面の笑みでいつも挨拶します。どんなにだるくても、テンション下がっていて

突然ですが、私フクミーは耳かきが大好きです。いつも家族の耳の穴を狙っておりますが、まったく掃除させて貰えません。まぁ、耳垢は勝手に取れると聞きますし、特に手つかずのままでした。あ、一人だけ耳かき大好きがいます。濡れ耳のあの娘です…濡れ耳じゃ満足いかないん

すると、一瞬の隙をついてシュリが積み木を持って逃走もう、アッキーは泣き叫ぶし、シュリは野生動物の様に威嚇して出てこないし…昔、私が遊んでいたオセロをアッキーに渡したところ(気をそらすため)、シュリに異変が…どうやら、初めて見るオセロに釘づけになったらしい。

夜、子どもを寝かしつけていると愛しさと切なさと心強さがこみあげてきてしまう私。そんな私が夜な夜な行っている儀式ひたすら言霊をいう(怪しい)でも、子どもを抱きしめながらこんなことを言えるのも今のうちですかね。子どもが成長したらきっとこんな感じになっちゃうだろ

以前の「家の中で砂遊び事件」の記事はこちら↓家の中で砂遊び事件 このあと、アッキーの指を入れさせてみたらスポッと綺麗に入りました。犯人はお前だ!そして、父から「直したら金額請求するからな」と勿論言われました。ヒー。安く済みますように。せっかくハロウィンなの

赤ちゃんの頃から熱がよく出ていたアッキー。最近はあまりにも頻発して出るので、何か病気があったら怖いと思い、一度検査して貰おうと、総合病院にやってきました。(因みにシュリは滅多に熱出ない)入るとそこには、妙に怖い顔をした若い女医が…と、なんとも根暗な妄想で心

最期の方にゾンビのフィギアが和やかムードで出てきますご注意下さいアッキーいわく『え、だってアンパ〇マンも食べ物でしょ?』食べ物!!そ、その通りだけれども…!!この共食い感どうしてくれるその後、気づいたら私の隠していたアメリカドラマ「ウォーキングデッド」の

お天気コーナーを見ていた時のこと…お天気のキャラを見てアッキーが言いました。私がADだった時代、毎朝廊下で息絶えているADをよく見たものです。といっても、もう10年前の話。今はあんなんじゃないかもしれない。着ぐるみ脱いだらこんなんかもしれませんぞいぞい。応援お

ある日、壁紙がはがれていると教えてくれたアッキー自白剤(ガリガリ君)の効果の高さが凄いしかし、副作用(腹痛・虫歯)があるのでたまにしか使えないのが難点というか、一体なんのために妹が噛んだことにして壁紙の事教えてきたんだ?4歳児の考えること謎!謎だわー更新情報は

↑このページのトップへ