天使な小悪魔たち

天使な小悪魔たち~一男、一女の育児絵日記~  やる気のないインドア派の主婦フクミーと、2011年生まれの息子アッキー、2013年生まれの娘シュリとのなんじゃそらの日々を描いたハートフルコメディな育児絵日記です。

Category息子

息子は夜驚症状(やきょうしょう)で三歳半になるまで毎晩1時間位泣いて暴れ続け、地獄の夜が一生続くかと思っていた日々がありましたが…あっという間に過ぎ、今や誰よりも寝つきが良くなりました…あの三年半は思い出しても辛かった…それにしても娘のあの晩のハッスルは一

因みにこのみなみちゃん、小学二年生ですけどすでに彼氏がおります。さて、無茶苦茶な理由で外に出してしまいましたが、「あ~めちゃくちゃ楽しかったぁ~」と帰ってきたので安心した母でした。良かったらこちらもどうぞ↓好きの単位がよく分からない インスタはこちら↓http

いや、これ向こうの親御さんも相当肝冷やしただろうなと思いましたね。しかし、その後なんともなかったので良かったです…(ほっ)ホワイ小学生男子、こちらもどうぞ↓息子の勉強のやる気を引き出したもの インスタはこちら↓https://instagram.com/fukumifukukoインスタのみの

前回の、娘のランドセルを選んだ記事の続きです母と娘のランドセル選びの攻防戦 娘があっちもいい、こっちもいいと必死に選んでいたのに対し息子はランドセル選びに全く興味なかった。なのに、息子の中では選んでいた思い出にいつすり替わっていたのだろうか…「すり替えすり

毎日遊ぶお馴染みの子はもう遠慮なく怒っていくスタイルにする事にしました。今後何年も付き合う事になるだろうし、まぁたまに怒られても懐いてるのできっとこのスタイルで…いい…はず…因みにこの前運動会でしたが、このお友達が走ってる時に大声出して応援したので情は移

「あのお兄さんがサトシの代わりなんだよ」と伝えたら…ポケモンにサトシがいないという違和感が隠しきれない子ども達であった。名探偵ピカチュウ、世界観は子ども向けだけど内容は大人向けだったように感じますが迫力あるポケモンを見れた子ども達はとても楽しめたようです

平成最後の日…夫は仕事だったので子ども達を連れて近場の商業施設でポケモンガオーレをさせました。なにやら伝説ポケモン登場でテンションが上がる子ども達どうしてもゲットしたい!そんな時に…うん…まぁ、ゲームでもなんでも平成最後の日、喜びで兄妹仲良く笑顔で終わっ

やだ…断ったらどうなのかしら…と、思いながらなんとも歯切れ悪く担当の方と話していたんですよ。「とりあえず無料ですし、どんなもんかと思って…」と,きたことを伝えたら…「そうなんですね~!」と、特に強く勧誘されることもなくその日は終わりました。あれかしら、後日

近所に沢山の子どもがいます…昨日は近所の色んな学年の子どもが9人入り乱れて遊んでいました…もう、背中にバット入れてたり手作りの剣入れてるの見るともうなんかジワジワしてくるんですよね…(;・∀・)近所が子どもだらけすぎる件…続きはこちら↓増えてゆく子どもたち…

まだ赤ちゃんに毛が生えたくらいの小さい子たちが大好きなママと離れたくなくて泣いている姿が可愛くて可愛くて毎年この光景に悶えております。まぁ、親は親で大変だし心配でたまらないんですよね…うちも泣いて泣いて大変でした( ;∀;)↓娘 幼稚園に入園する 幼稚園初登園

↑このページのトップへ