天使な小悪魔たち

天使な小悪魔たち~一男、一女の育児絵日記~  やる気のないインドア派の主婦フクミーと、2011年生まれの息子アッキー、2013年生まれの娘シュリとのなんじゃそらの日々を描いたハートフルコメディな育児絵日記です。

Category母のケメコ

いつ気づくかいわないで待ってたらいつまでも気づかないもんだからついにツッコミました(´◉◞౪◟◉)ボケがジワジワと忍び寄ってきている…ヒィイ母のボケというか天然記事、良かったらこちらもご覧下さい↓続きはこちら↓知らない子が家に遊びにきたらどうする? 更新情報は

なんでだよ(´◉◞౪◟◉)これが義理実家に貼られてたとしたら「え、私そんなに怖いですか?」と悶々とするかな?いや、同じようにツッコむかな(笑)たまに思うのですが、うちの実家が義理実家先だったらと思うと亀裂走りそうだなと思うことを書いてみた。その①子ども達の写

母の愛らしい記事こちらもご覧下さい↓母の行方 ポチが励みになります…!↓' target="_blank">' target="_blank">更新情報はこちらからお知らせできます↓LINETwitterFacebook

ある日実家の床に正体不明の物が置いてありました。それはタガメとコモドドラゴンとカブトムシと蛇を混ぜた生物とのことでなんでも私の母が息子のリクエストで作っているとのこと…息子の為に謎のキメラを作る母…その黙々と作る姿はなんだか物語に出てきそうな職人のよう…

以前Twitterで、娘にリカちゃんの服を作るぞ!と一人決意表明した時に、優しい人達が沢山褒めてくれました(´◉◞౪◟◉)そんなんで調子にのりまくった私その後、リカちゃんの服の作り方の本が届き中を見てみると…これでもかっ!!て位優しく説明してくれている本な

リカちゃん大好きな娘。数少ないリカちゃんの服を着回しさせてよく遊んでいます。そこでふと思いました。あ、リカちゃんの服って作れるんじゃない?きっと娘はすっごく喜んでくれるハズだ…!思えば私も子ども時代、誕生日にリカちゃんの服一着選ぶのに30分位毎回悩んでい

近所にさんすう教室がありまして、見学にいったら意外にも息子が通いたい!と乗り気なので通うことになったのですがまさかのソロバンも習う事になりました。先生が優しく教えてくれますほうほうなるほど…私は焦りました。何故ならば先生に「え、ソロバンできないの、うっそ

子どもと遊んでいた時の事です大好き大好き言いながらギュッギュしてたら次の瞬間…何か妖怪が背中にとり憑いた母ー!!なんぞっ!いきなりなんぞ!?どかそうとしても凄い重さで全く動かないどころか…どんどん重くなってゆく…!よ、妖怪子泣きばばあ…(震)こわっ、こわー

クルーズの思い出が尻パンに全部持ってかれた…なんかもう気になるし、デッキから船内に移動しようとしたらおばさん団体がデッキに出てきた。それが嫌だったのか、団体を見るなりカップルはそそくさと船内に入っていったのでそのままデッキを満喫しました…満喫はしたのです

下記記事の続きになります段ボールハウスを作ろう 母の苦労の結晶、二時間で崩壊する…申し訳ないと思ってたら母が「また同じ段ボールが近々届くけど次は何を作ろうかな~♪」とのこと…母、色んな意味で凄いよ…!(涙)moroさんの記事に娘を登場させて貰いました^^↓mo

↑このページのトップへ