前回の続きです。

前髪が短すぎて泣いてた娘ですが
歌さんちに着く頃には前髪の事はもう忘れていました。

それよりも、歌さんちには歌さん始め、ご馳走にお友達、
大好きなモロさんちのこもろちゃんまでいるので
前髪の事は忘れ去ったようでした
12
そして今回歌さんのお友達の保育士さんがいらっしゃいました。
なんでも、歌さんが毎週月曜で働いているバーにいつもいらっしゃっているという
通称「ぼーちゃん」です。
1
その、保育士さんのぼーちゃん凄かったです。
ブロ友のアムタロウさんのとこの娘ちゃん(むーちゃん)がちょっとネコに
ビックリしちゃってママから離れられなくなってたんですね。

そんな母子の前に来たばかりのぼーちゃんが座った時の事です
2
ママ以外ダメって状態だったのにまさかの…
3
目の前に座った瞬間にぼーちゃんの膝の上に…!
一体何が!?

因みにぼーちゃんの人柄ですが、優しさがにじみ出ているというか
なんかもう後光さしてない?というか、祝福されているようなオーラが
凄かったです。

初対面だったのもあり、ぼーちゃんと積極的にお喋りできませんでしたが
一瞬でぼーちゃんのファンになりました(笑)多分みんなも(´◉◞౪◟◉)


さて、今回歌さんちにお招きして頂いたのですが
やはり人様の家となると子どもに口うるさくなってしまうというか…
4
しかし歌さんは…
5
「しつけがなってない」とか言われたり思われたくなくていつしか外では常にガミガミ言ってる私ですが
(もう、しつけなのか自分の為なのか支配なのか…)

因みに歌さんがめっちゃアクロバティックな遊びで遊んでくれたので
息子の喜びすぎて気絶するんじゃないかという位喜んでました。
こもろちゃんやこもたろ君も遊んでくれて本当に有頂天でした息子^^

そして次はぼーちゃんが
8
ハーメルンの笛吹きのように子ども達がついてゆく姿。

もうぼーちゃん凄すぎます。
天性なんでしょうね。

因みに絵を描いたら美少女絵が激うまなぼーちゃん
9
そんなとっても素敵な保育士ぼーちゃんでした。
ぼーちゃん、本当にありがとう…!(土下座)


本当にこの日は子ども達にとっても素敵な日で…
そうそう、子どもらが喜ぶだろうとプレゼントもくれる大人も…
13
優しい大人たち…(笑)
(因みに剣はお菓子が入っている紙の剣です)

そして最後ですが、
その後歌さんの若いお友達がいらっしゃって少しお喋りして頂きました。

初対面なのにニコニコと笑顔で話してくれる青年におばちゃんは
ぼーちゃんに引き続きまたいい子が…!親御さん、育て方教えてくれ!」と
内心思いつつも話を聞かせて貰ったのですが
10
学生さんか新社会人位かなと思っていたらまさかの
11
そんな素敵な出会いもあった歌さん邸でした。

歌さんの絵日記もアップされてるので是非ご覧下さい

歌さんの書籍紹介コーナー
母さんがどんなに僕を嫌いでも [ 歌川たいじ ]
母さんがどんなに僕を嫌いでも [ 歌川たいじ ]
何度か紹介させて頂いてますが、歌さんの幼少期のお話です。
歌さんと母親、大好きなばあちゃんや太っていた事へのいじめ、施設に入れられたりと
かなり衝撃的な内容ですが、親友キミツさんとの出会いなども描かれており
涙なしには読めない一冊となっております。

母の形見は借金地獄 全力で戦った700日
歌川たいじ
KADOKAWA/エンターブレイン
2014-03-01

歌さんのお母様が亡くなられた後の話ですが、初めからかなり
衝撃的な内容でした。
警察から見せられた海に浮かぶお母様の写真。
残された莫大な借金。
読んだ時に「なんて壮絶な人生を歩んでいるんだろう」と
呆然としました。
自殺と決めつける保険会社と裁判で戦った歌さんの700日
是非見て欲しい一冊です…!

他にも沢山ありますが、今回はとりあえず二冊紹介で^^

一緒にいったブロ友さんの記事もアップされております~!



ポチが励みになります…!↓



更新情報はこちらから
お知らせできます↓
LINE
Twitter
Facebook




ポチが励みになります…!↓



更新情報はこちらから
お知らせできます↓
LINE
Twitter
Facebook