息子のアッキーが死ぬ夢をみました。


夢の中で私はガランとした家の中を隅々まで探していました。


夢の中で私は激しい動機と嗚咽を抑えられずに気が狂いそうになりながら、

どこにもいない息子を探し続けていました。



そして次の瞬間、私は目覚めました。





起きると涙が溢れ出ていていました。


「ああ夢か」と思うより前に息子の姿を探しました。


息子は当たり前のように傍で寝ていてくれました。






ただの夢の話といえばただの夢なんですが、

夢をきっかけに、どんなに子どもが大事なのか再確認しました。

この愛おしいわが子が万が一いなくなってしまったら私は生きていけるだろうか。

子どもを亡くされた親御さんの気持ちは想像を絶するなと…

そんなことをよく考えるようになりました。

また、これからもどうやったら私に絶対の信頼を置いてくれている子どもを

守っていけるだろうかともよく考えます。



先ほども述べた通り、本当にただの夢だったんですが、

あれ以来心に残ってしまって。

なので、この気持ちを残しておきたくて今回ブログに書き出してみました。


え?画が全然シリアスじゃない?すみません(笑)


↓よろしくお願いします!!


育児絵日記 ブログランキングへ