友人宅から木を数本貰うことになったので、植え替え作業中は子どもらを近所の親に見ててもらうことになりました。


何故ならば、植え替え中の状況が容易に想像つくからです!!

↑絶対こうなる!

アッキーは泥だらけで、シュリは三輪車に乗って近所の家に入っていく。そしてそれを止めると号泣…!

そんなのイヤ!!絶対イヤなの…!!


って、ことで子どもを親に預けて友人宅に行って1時間かけて木を引っこ抜き、クタクタに疲れて家に帰ってきて木を植えました。


キタ――――!!!!

近所に住む悪魔 姉妹がやってきたーー!!

やってくる光景を見た瞬間、「あ、終わったな…」と思いました。。


…もう、来てからが大変…↓

いっときますが、この子ら私の子どもじゃぁありませんからッ…!!

なにこの状況、なにこの状況ー!!うちの子ども預けた意味が全くねぇーーー!!


二時間弱して、この子らの親が昼ご飯で呼びにきた時に状況を理解してくれたようで、昼飯後はどこかに出かけてくれました。(母親も出かけたくなかったかもですね。悪いことしたかな)

ところがどっこい!!

なんかまたキタ―――!!!


いやほんと、ホラーか!と突っ込まずにはいられませんでした。

しかもこの子、私名前しか知らないのに、新たに全然知らない子を引き連れてくるという…!


庭の作業はこれからもまだまだ続く…

残念だが戦いもまだまだ続きそうだ…


↓よろしくお願いします♪

育児絵日記 ブログランキングへ